2007年10月31日

うはは、妄想だよ!

 ども、10月終わるというのに、いまだに半袖仕事をしているRYUです。
 いい加減このネタから脱しなければならないというのに、最高気温が20℃オーバーな日々が続いておるのがなんとも。

 ようやく、グレンラガンを見終えましたよ!
 熱い! 熱いッ!! 天元突破にィィ・・・熱かった!!!

 カミナの兄貴が亡くなった時は、これからどうなるかと思ったが、カミナの兄貴分を全員が持ち始めて行き、話が展開されていくとは!
 大グレン団の面々の最終章の盛り上がりっぷりは凄かったが、当初の敵側であったヴィラルとロージェノムの株の上がりっぷりはもう、天井知らずの一言、最初の株価から考えると物凄いまでの上昇率です男株。
 最後のエピソードもしっかりやってくれて良かったです。戦い終わってそれぞれの道に進んだ彼ら。時進んでも彼らは彼らだった。
 ニナに関しては、アレはしょうがない。シモンなりの踏ん切りのつけ方だと思う。死と決別、最終決戦で多くの仲間達が命の炎を燃やして散っていたのを見た彼だから、ああせざるを得なかった。ニナもまた、命の炎を燃やしていったのだと、だからこそ・・。

 けど、誰かガツンと言ってくれれば、もしくは誰も死ななかったら。

 叶うならば、スパロボ参戦の暁には!
 大グレン団の誰も死なないルートを作ってくれないだろうか?
 最終決戦にて、大グレン団の誰一人、死亡フラグを立てらせない様にするとか。第4次の人間爆弾イベント回避みたいに、・・・あのイベント回避は頑張ったなー。
 カミナ生存したまま、話が進むと言うのも面白いであろう。スパロボWでのダイゴウジ・ガイと白鳥九十九のダブル関智一が生きている状態で劇場版ナデシコが展開されるみたいに。

 グレンラガン、スパロボに参戦するかな〜、いちスパロボFANとしては気になる限りです。


 となると・・・(妄想スイッチON!)
 同じ荒廃系として、ザブングル、ガンソードの同時参戦を望む!
 アンチ=スパイラルの月の螺旋族の監視・殲滅システムを、ガンソードのオリジナル7としてクロスオーバーさせて、鉤爪の男はロージェノムと一緒で螺旋一族の生き残りにしてアンチ=スパイラル側。
 螺旋王倒して新政府が発足した中、アンチ=スパイラルが目から逃れる為、螺旋力を持たない様に調整を受けていたイノセントは、地中潜っていた人間達が地上に出て政府を立てた事に気付くと、アンチ=スパイラルからの殲滅を恐れて邪魔する訳ではなく、むしろ、人類再生計画を立てて、彼ら人類の力になろうとする。だが、アンチに恐れて計画の邪魔する者も現れる。
 人類再生計画が進行されていき、ついに問題の100万人目の出産が確認、アンチ=スパイラルによる殲滅作戦が始まる。
 そして、カギ爪の男は月激突の際に生じるエネルギーを利用しての星の変革を行なおうとする。
 テラフォーミングを使っての星の再構成時に自分の意識情報をインプットさせ、同様に再構成された全人類に自分の意識を植え付ける、地上に100万人以上あふれない様に意識操作され、進化・戦いを望まず螺旋力が発生しない。そんなアンチ=スパイラルに目をつけられない理想的星を創り出そうとする。
 話がでっかくなるのはグレンラガンのせいであるが、これだとザブングルが目立たないと思うが、そこは、ジロンとヴァンのダブル復讐の鬼として活躍して欲しい!
 ジロン同様、ヴァンもまた、三日の掟を破ってカギ爪の男を追い続ける。互いに鏡合わせの様に見る2人を第3者的に見ると面白そうである。

 で、カギ爪の男にはこう言って欲しい。
「いいですか。物事の始まりというのは物凄いまでのエネルギーを発生します。
 大事な物を失わされたというのであれば、すぐに相手に代償を支払わせる事ができるはずです。
 それを3日という長い期限を与えたのですよ。
 それなのに出来なかったのであれば、・・・残念ですが、失った物はそんなに大事ではなかったという事なんですよ。
 それなら、もっと大事な夢を見つかるはずです。復讐なんて馬鹿馬鹿しい事はやめて、有意義に生きましょう」

 うん、これはあの2人は超怒りまくるね(笑)

 しかし、せっかくグレンラガンの第3部が数年後の話なんだから、他にも時間経過で成長しているキャラを出して欲しいね。

 ガイキングLODのダイヤとか。
 ここはエンディングの5年後のダイヤを出すんだよ。
 ダイヤ達の持つ炎の力を螺旋力と同様の物と見なせば、ダリウス帝国は別銀河の螺旋一族みたいな存在にできるので、そのままにアンチ=スパイラルに攻撃されて本星を失った事にする。エンディングに出てきた宇宙怪獣をアンチ=スパイラルに置き換えればOKだ。

 えーい、ついでだ。
 かりそめの月へと姿を変えられていたカテドラル・テラ、それに搭載された量子コンピュータに“舞浜サーバー”なるものが絶えず起動していた・・・。


 うむ、今日も妄想しまくったぜ。

posted by RYU at 23:01| Comment(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

今月号の電撃ホビー

 何気に、ここんとこ珍しく連続で書いとります・・・この間までOG1に時間取られていただけであるが。

 という訳で、最新号の電撃ホビーを読んで。

 やはり気になるのはリボルテック!
 今度の8月15日発売はEVA関係オンリーなのだが、9月15日は「TV版スーパーバルキリーVF-1J ヒカル機」と「OVA版ブラックゲッター」!!

 バルキリーいい出来です。変形オミットしてあるのでいいプロポーションなのですが、リボルテックなのであの劇中のガンアクションのポーズがとれまくりなんですよ! ウッヒョー!
 しかもT版フェイスなのも嬉しい。個人的にヒカルはこっちのほうがらしいと思っております。スパロボαの時はこっちのフェイスが選択できたのだが、α外伝・第3次αでは出来なかったのが悔やむ。第3次αではアーマードバルキリーも無かった・・。
 この勢いでアーマードバルキリーを出してくれぃッ!! プラモ狂四郎時代にとって、あのゴテゴテの外装は大好物なんですよー!! あっでも、バルキリーなら『プラモ天才 エスパー太郎』だな。

 ・・・・・・・すまん、さすがにこれはマニアックだった。
 ボンボンで連載されていたプラモ狂四朗、もちろんコロコロでもプラモを題材をおした漫画が始まったのだが、それがプラコン大作と、この『プラモ天才 エスパー太郎』なんですが、当時は普通に受け入れていたのですが、こんなにも凄いタイトル名だったとは。
 超能力を使って、バルキリーなどをメインにプラモの中に入ってバトルする漫画とは覚えていたが・・・・こんなタイトル名だったのは覚えていなかった。今では、別の意味でインパクト大だ。

 閑話休題

 そしてもう一つのOVA真ゲッターロボのブラックゲッター!!
 今月7月15日に発売された同じくOVA版のゲッター1の焼き直しかと思ってみたら、色々改修されてました。
 色・顔の変更は当たり前として、顔回りを覆うOVA竜馬の特徴の反重力マフラーの増設、設定には無い二丁のハンドガン、黒のリボルバーと銀のオートマチックが嬉しい! あのチェンゲ竜馬ならピッタリだ。この二丁拳銃を持って暴れまくるブラックゲッター・・・ヤベッ鼻血出そう・・・。
 他にもオートマチック専用のマガジンを3個付けたマガジンラックが何ともいいのですが、問題は、ブラックゲッターはゲッターレザー(腕の刃)が左腕に大型のがついてるだけで、右腕には何も無いですが、リボルテックではそこに、弾丸そのもが装備しております。しかもリボルバーのモノとは違うと分かるぐらい大型の弾丸、恐らくは散弾銃あたりの弾丸だと思います。

 が、このキットには散弾銃なんてものはありません。自分で用意しろ?違うね!
 明らかにこれそのものが武器! インベーダーの口に入れて、そこからアゴから入るアッパーかまして口内で暴発!! もしくは相手に無理やり埋め込んで、そこから殴って弾丸点火!! あのチェンゲ竜馬さんならやってくれるぜ。

 とまあ、リボルテックに大興奮しておりましたが、新しい短期集中連載で、キングゲイナーページが載ってたのですが。

 そこには当時のメカデザの方のイラストで「ブラック・キングゲイナー」

 ・・劇中で昔の映像がでていないキングゲイナーを色々やろうという事で、昔は「黒い時代」があったんだよという感じで描いたのがブラック・キングゲイナーなんだそうですが、第1回という事での初期稿なので、おぼろげにしか描かれていません。
 だが、印象に残る特徴はもっております。
 それは身の丈に2倍はあろうかという野太刀、言うなれば斬馬刀をもったキングゲイナーなのです。

 ・・・やばいよ、やばいよ。
 多分スパロボでキングゲイナー参戦したら、コイツいるよ絶対。ACE3は早すぎるからいないと思うが、スパロボスタッフ好きこのんで出すよこの機体。
 第2次αでTV版ゲッターロボのはずなのに、何故かいるOVA版ブラックゲッター、DVDの表紙イラストで書き起こしてしまったばかりに近頃参戦するとパワーアップしてなるファイナル・ダンクーガとか、そんな劇中関係なしの設定持ってきますスパロボスタッフ。

 ストーリー後半辺りでドラマ捏造してパワーアップさせるんだよ。
 多分これは、妄想ではなく現実となる未来予測。
posted by RYU at 21:06| Comment(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

楽しみで・・とまりません

 買うかどうか迷っていたスパロボWでしたが、先日DSを購入したので、早速Wを予約しました。
 これで、あとは3月1日を待てばいい訳ですな。
 たっのしみだな〜〜。

 ・・・・・
 ・・・・・・・・・・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ぐはっダメだぁぁぁ!!! 妄想してしまう! 妄想したいと言う衝動が抑えきれねぇ!!

 妄想をもてあます! もわもわが止まらねぇぇ!! 全力で妄想しろッ!!!

 ・・・ちぃ・・本当に久しぶりの新規スパロボだからか、メチャクチャに妄想しまくっとります。
 イカン、気がつくと本当に妄想しているからタチが悪い。
 ロウと劾の合体技とか、戦艦のリ・ホームの精神コマンドは3人で後に4人になるのかな。樹里はサブ・パイロットだろうか、それともパイロットになるのであろうか。レッドフレームはほぼP兵器だけではなかろうか、ビームライフルは近年P兵器扱いになっているから、あとはビームサーベルとガーベラストレートと雷光掌(手から直でエネルギー放射させる技)だから、ガーベラストレートが優秀なP兵器になると思うから、ビームライフルは遠距離武器として扱ってくれれば使いやすいのだがー、ガーベラストレートはコンボ技と通常技の2種に分かれているのだろうか・・・・。

 ・・・全部アストレイですね。
 今回は新規スーパー系がゴライオンだけで、あとの特機ユニットは・・・・

 真ゲッター(G含む)、マジンカイザー、グレートマジンガー ガオガイガー、超竜神、激竜神、天竜神、キングジェイダー、ゴライオン、・・あとボロットなどのサポート系か・・・少ないなー・・真ゲッターとマジンカイザーとジェネシック・ガオガイガーの超特機系にゴライオンがどれだけ奮闘するか・・・・どうも原作を見ていないから活躍している所を妄想しづらい。ここはゲーム本編の楽しみにしとこう。

 あと主人公機だが、携帯機では珍しく一種機のみ、今までA・R・D・Jともに主人公選択と機体選択型だったのに(Rは換装型)、主人公は一人のみで機体はヴァルホーク1点縛りという型破りなスタイル。
 これは、後々何らかの選択があるのであろうか? と考えてしまっている。サポートは妹だけなんだろうか、他のオリキャラは戦艦一点縛りなんだろうか?

 こんな感じでWへの妄想をしまくっております。
posted by RYU at 23:47| Comment(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

スパロボWに妄想大暴走!!

私RYUはアストレイ大好き漢なので、・・・・スパロボWに多いに心焦がれております。
 しかし、懐具合があまりにもキツい! 買うにはまずDSを買わなければならない所が私の心にブレーキをかける。だが、まずDS流通させてもらわないと、ブレーキかける前の見切り衝動買いも出来んがな

 だが・・・アストレイ参戦なんだよなー・・・しかも戸田センセ版もモリモリ詰め込めてそうな〜。
 うはッ妄想しちゃうよなやっぱり!


 アストレイの主人公ロウ・ギュールはジャンク屋、ならばもうナデシコのウリバタケとはからむのは間違いなし、ロウは見たマシンの具合でメカニックマンの事が分かるから、マシンに愛情を注ぐウリバタケとはすぐに意気投合だろう。
 パワーローダーなんかも手伝って作ってもらったり、原作ではジャン・キャリーが作ってもらったパワードレッドの「パワーシリンダー」は、Wではウリバタケに作ってもらうかもしれないな。
 スーパー系とはもう、ロボットの性能も気に入るだろうが、パイロットの方々とは簡単に仲良うなるだろうて、
 特に意思のある勇者ロボ軍団はロウの気にする所だろう。なんせ彼は『モノには使命がある』という持論をもっている。意思を持つロボットであるがゆえ、意思を持つロボットであるにもかかわらず、勇気をもって人命を救っていくロボ軍団はロウの心を打つ存在になるであろう。GGGイベントにロウはからんで欲しい。そうすればWオリジナルな展開を繰り出せるはずだ! 

 しかし、やはりロウは第3次αやスパロボJとかにもいてくれていたらなとか思ってしまう。第3次αではリュウセイと気が合いそうだが、ここはレッドフレームの特徴と言える日本刀ガーベラ・ストレート(日本名「菊一文字」)に目をやって、ゼンガーさんとかもからめそうだったんだがな〜第3次αプレイ中、隠しで出ないかと思ってはいた。
 蘊・奥(うん・のう)じいさんとゼンガーが知り合いだったり、参式斬艦刀の制作にたずさわっていたり、もしくは斬艦刀の研ぎなおしにグレイブヤードに訪問するゼンガーとか妄想していた。ダイゼンガーの斬艦刀を見て、150ガーベラのヒントにしたり、ダイゼンガーの豪腕で、特機種の腕に興味をもったりするなども妄想したよ! ああ妄想しましたとも!!
 JにはGガンいるから、ドモンと刀の試合をしたりとか妄想していましたー・・・、スパロボWでは日本刀に趣向の深いキャラっていたかな?
 ・・・いない様な気がする。

 うむ、やはりロウ・ギュールはいいキャラだな。自ら厄介事に進む野次馬タイプだから動かしやすい。前向きで脳天気だから、こういうお祭りゲームでは映えやすい。
 多分、今回のスパロボで色んな作品と絡みまくるキャラになるであろう。ぜひ、オリ主人公とは最初からからむ立場になって欲しい。宇宙の何でも屋の主人公一家、で、猪突猛進の弾丸小僧のカズマとは気が合いそうだからな!
 ・・・・スクライドの漫画版って戸田センセが描いていたな〜って関係もない事を思い浮かべてみる・・・・なぁカズヤ!! ・・・じゃなかったカズマ・・・なぁカズ君!!


 だが、反面・・・SEED本編の方々とはからみにくい様な・・・・本編では全くからんでいないから余計なのかな? 同世界・同時間のくせに直接的に会話してないから、下手にからませる訳にいかないから難しいなー・・・。

 後に出てくるアストレイ側のキャラ「ジョージ・グレイ」なら本編キャラとからませやすいかも、脳だけとなった身だが、『始まりのコーディネーター』である彼ならば、キラやザフト軍側キャラも積極的に会話するだろうし。特にラウ・ル・クルーゼとの最終戦闘前会話はあってもおかしくはないだろう。

ジョージ「・・・・・」
クルーゼ「な? ジョージ・グレンだと? 貴様は死んだはずだ!?」
ジョージ「そう、私は暗殺されたが脳だけ生き残り、・・・この艦の管制コンピュータとして新たな人生を歩んでいるのだ! ・・・驚いたかね?」
クルーゼ「・・・管制コンピュータ・・・だと? これは滑稽だな! 始まりのコーディネーターがその無様か。結局貴様ももてあそばれているのだなジョージ・グレン!! 暗殺、死んだ身までもが蹂躙か! 本当にこっけ・・」
ジョージ「滑稽なら笑ってくれないか?」
クルーゼ「な・・・?」
ジョージ「生前の私が唯一欠けていたモノ、それが「笑い」のセンスだ。せっかくだから、今度はそれをマスターしようと思っている。どうかね? 君もやってみるかね?」
クルーゼ「バ・・・バカな、貴様は正気か!? 貴様はいい様に扱われ続けているのだぞ。なのに・・・なのに・・」
ジョージ「人生なんてモノは気の持ち様でどうにでもなるもんだぞ。別に今の立場は悪くはない。気のいい仲間は出来たしな」
クルーゼ「何故だ!? 何故憎まない!! 人を世界を全てをぉ!!」
ジョージ「君はそうやって憎んで生きてきたのか・・・なんて無意味な事を」
クルーゼ「なんだと・・・・・」
ジョージ「せっかく生まれてきたというのに、楽しさを放棄して憎み続けるなんてつらくはないかね? とりあえず私はゴメンだね」
クルーゼ「何も知らない男が・・・・」
ジョージ「ああ君の生まれの不幸など知らない。・・だが、世界が優しくないならば自分が優しくなればいいじゃないか。君は、君の言う世界の憎むべき点に飲み込まれただけだ」
クルーゼ「・・無知の偽善者だよ君は」
ジョージ「世界の闇とやらの手先となった君にソレを「知った」と言えるのかね?」
クルーゼ「・・・・茶番は終わりだ。もう一度死んでもらうぞジョージ・グレイ!!」
ジョージ「死ぬほど痛いのはもうイヤだからね。それは勘弁させてもらうよ」


 アストレイだけだから、さすがにSEED・MSVのキャラは出ないのかな。
 切り裂きエドや白鯨ジェーン、月下の猟犬モーガン、拳神バリーなどぐらいは出てきて欲しいものだ。ロウと劾だけは少しさびしい。


posted by RYU at 23:50| Comment(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

せっかくだから俺はハァハァするぜ〜

 すべからずにして何事もなくといった感じで、今週もスパロボ情報関係に変化はなしです。
 どうやら10月終わり、来週あたりに変化はあるとは耳に入ってきてますが、新プロモとか、来週土曜にアキバ行けば、OGSの新しい動画が見れたらいいなーというか盆辺りから全く情報が流れてないから不安だ。せっかく決まった発売日がいきなり伸びちゃいないか毎週ファミ通の発売予定表を見てしまう次第。
 今週は伸びてなかったです。

 こう、新情報が流れないと、私の本領発揮、つい妄想してしまうじゃないか。
 α・α外伝・第2次αとあった劇中でもCGデモが復活してくれたら、やっぱりコンパチカイザー誕生とか、武神降臨! グルンガスト出撃とかと超機合体SRX! それと竜虎見参も忘れちゃあいけないぜ!
 ・・・・・こうして見ると特機系統だけでも多いな。無理か? −弱気になるな自分! 思うだけなら無限の一秒! 妄想しまくるなら無罪放免! 度を過ぎなければ病院に連れ込まれる事も無い! つまりは! 妄想は大切にね! 電波子ちゃんも言ってるぜ!

KIMI「いや、いないぞそんなキャラ」

 あなたに妄想させる。それが電波子ちゃんです。そう・・・電波子ちゃんはアナタの心のな・・・

KIMI「こんなんなるから、皆は電波受信のチャンネルは気をつけて」
 
posted by RYU at 20:42| Comment(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

ズバ〜〜〜ンは〜と

 昨日今日と自転車便野郎は大雨の中で仕事。
 ココの所、月末のせいか、大忙しで妄想更新してなかったが、今回の大雨で私の存命を気にする方もいるかと思い、更新しにまいりました〜。

 ・・・いや、大丈夫でしたよ? 雨の中のノンストップ・THE・ワーキングは慣れっこですし、車道が浸水する程の大雨ではなかったので。

 でも、やはり精神の疲労は激しかったのですが、休憩中に読んだマンガが大いに精神の疲労回復になったので良かった。
 良かったな〜クロスボーン鋼鉄の七人。

 やはり長谷川マンガは読んでいて楽しい! 毎回毎回話の展開ぶりに驚きの連続です。ネタばれになるので書きませんが、前からクロスボーン読んでいる人には必見の展開です! というかサンライズさんアニメ化してください! 本編・スカルハート・鋼鉄の七人と一年モノで放映できるハズだ!! えぇ無理!?

 無理ならバンプレさん頼みかな。今度の連続モノのスパロボ辺りでゼヒやってもらいたいモノだ。
 第一次(F91)>第二次(クロスボーン)>第三次(スカルハート・鋼鉄の七人)でーやってもらいたい。是が非にでも!!
 その場合、木星じいさん事グレイ・ストーク卿は出なくてもいいです。その立ち位置にはジュドーを置いてください(笑) ・・アニメ化したら木星じいさんのCVは矢尾さんでガチ。

 スパロボといえば、ガイキングがついに終わってしまった。
 久々にアニメらしい最終回で大満足です。ここに来る方は見ているかこれから見るかの二者のみだと思いますので、詳しく書きませんが。

 ガイキングのスタッフの皆様! いいスーパーロボットアニメをありがとうございました!!

 続編つくる時もよろしくお願いします!!

 ・・・って、ね〜あんな最終回出されたら、こっちは期待せずにはいられませんって、マジで。
 締めくくりが家族愛メインで、ダイヤ達の恋愛が中途半端になってしまいましたので、そこらへんをやってもらいたい、ディックの件もあるし。

 ガイキング公式サイトの情熱大陸日誌見ると、三条さん、やり残した事はいくつかある様でー・・楽しみにしてますよ。

 もし、やらなくたって大丈夫! だって僕たちにはスパロボがあるじゃないか!!

 設定しかないパーフェクト大空魔竜とか使われていないグレートの必殺技は、スパロボで隠しとかでやってくれるさ!
 しかも、あのラストシーンならばトップをねらえともからませられるから、連続モノのスパロボの最後に「その後の大空魔竜」をやってくれるでしょう! バンプレさん!!

 あーもう! 今度の連続モノのスパロボが楽しみだー・・おっとスパロボOGSもよろしくって・・・アラ?

 OGSの発売日は2007年1月25日になってるーー!! 早売りファミ通で確認なので、取りあえず間違いはなしか・・・
 ・・・来年かーーーー・・うん、来年はきっとスパロボの年になるんだな!!
 

 ・・・・結局、今年中での新規スパロボは無しかーーー・・スパロボ同人がんばれよとイデの導きかー・・・・。

 
posted by RYU at 23:55| Comment(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

久々の快晴で、気温昨日よりすこし上

 月刊ガンダムエースを読んで、クロスボーンガンダムが読みたくなったので、部屋の『採掘』を始める。
 ・・・・・・結果、本編は全巻見つかったものの、スカルハートは見つからなかったので、新しく買い直す事に・・・・・長谷川先生の単行本は全部手元に置いておこう。そう決めました。

KIMI「ただたんに、アンタの部屋の漫画本が超!多すぎなだけでは・・・」

 面白い、やはり長谷川先生の漫画はしっくり来る。本編終わってからは、クロスボーンはSF小説な展開が多くて面白いしワクワクする。
 長谷川先生のコメントで、自分が昔からSF小説を読みまくってるから、ソレが人とは違う持ち味になってるみたいな事は言ってまして(うろ覚えですが)、だから本編から抜け出たクロスボーンは、実に長谷川先生テイスト120%、宇宙船に乗って会社やったり、必要とあらば(義賊的な)海賊行為したりと、トビア君は大勇者として風まいております(笑)

 GFFで商品化が決まったX-3は、X-1改のコンパチできるそうだが、スカルハートなどで出た追加武装だけではなく、今回の『鋼鉄の七人』の予告イラストにでた新武装【フルクロス】もついてるとか、・・・やっぱ、こういうロボット物のケレン味は外さないな長谷川先生。
 ・・・・お陰で楽しみに心躍ってます。サナリィ社の新開発の機体、マザー・バンガードの『光の帆』をサイズ・ダウンをさせて出来た新システムを搭載したMS【F99】とか言ってるが、どう見てもV2ガンダムの光の翼じゃないですか!
 うは・・・・こういう作品を結びつかせるノリは大好きです。
 スカルハートでも、長谷川先生の同人誌『大外伝』で未来のトビアが鼻に一文字傷があったのを、その傷を負うシーンがあったりと・・・・今回はアレだな。きっと鋼鉄の七人の中にウモン爺さんいて、負傷して右足なくすんだなきっと(笑)

 そうきっと
トビア「ウモンじいさん、その義足なんだけど、そんな杖つけただけのじゃなくて、キンケドゥさんの義手みたいな機械のにすればよかったのに」
ウモン「な〜に言うとるんじゃい、わしらは海賊だろうが、海賊の義足はコノ杖なのがいいんじゃよ。つまりはハッタリ、ハッタリじゃよ。
 キンケドゥも海賊のまんまだったら、義手はフックをつけてやりたかったんじゃがな、もしトビアが手とか足とか目とか無くしたら、ちゃんと海賊らしくしてやるからの」
トビア(・・・・・・・・・五体満足ってのは大事だな、うん)

 今号の話でF99は破壊され、データもろごと予備パーツの工場も破壊され、もはやお手上げ状態、だが、彼らはやってくれるでしょう。絶対にッ!!

KIMI「あ、いかん、妄想スイッチが入ってしまったッ?」

 やはり、ここは光の翼を新たな方向に作り直す事でしょう。ウモンじいさん? いや、ここは『木星じいさん』ことグレイ・ストーク卿で!

ストーク「昔、ジャンク屋をやっててな。生きてるパーツを組み合わせて、モノを作ったなんてのは朝飯前なんだよ」
スズキ「しかし、それではかなりの大型になってしまう。とうていMSに搭載できるモノではなくなる。・・・もちろん戦艦に搭載しても、『光の帆』並みの推進力は得られないだろう・・・」
ストーク「だから、MS数機でこの大型の奴を共有するんだよ。大型の光の翼一つをMS全機でかついで行くんだよ。
 ・・・・で、モノは相談だが、1機ぐれぇ無事に残った奴とかねぇか? 牽引する感じで先頭に光の翼を持った奴がいれば、安定していくんだがな」
スズキ「・・・・ム、確かにそれならば、だがな・・無事なのといえば。
 ・・・・! あの機体ならば!」
オーティス「ま・・まさか、あの機体の事を言ってるのかね? イカン! あれだけはイカンッ!!」
トビア「今はそんな事を言ってる場合じゃないって言ってるじゃないですか! あるんでしたら、お願いします、貸してください」
オーティス「私とて損得勘定で言ってるのではない・・・・アレは、アレは・・・・乗れるパイロットがいないのだ・・・・」
トビア「エ・・・・?」
オーティス「光の帆のサイズ・ダウンに成功した時に、色々なパーツの小型化して、MSに複雑な機構などが出来る様になったのだ。
 それで、ある程度、光の翼のデータ取りが出来た時、別の方向性を持ったMSを考えたのだ」
トビア「別の・・・って言うと、変形機構ですか?」
オーティス「いや、変形機構とは少し違う。分離・合体機構だ。
 上半身のAパーツと下半身のBパーツ、そしてコアファイターの3機が合体してMSとなる! それだけではなく、A・Bパーツ、それぞれとコアが合体しても、戦闘機には変形できるのだ!! しかも! MSに破損が生じても、破損のあるパーツ自体を換装して、再起動できるのだッ!!」
トビア「すっ凄いじゃないですか! エッ・・・・・でも?」
オーティス「そう、いかんせん、乗れるパイロットがいないのだ。
 なにぶん、新しく分離・合体、そして変形までするのを作ったのだが、そんな事をやったパイロットなどはいないのだ。
 だから、これから育成する予定だったのだ・・・・」
ストーク「ふーん、じゃあわしが乗ろうか?」
オーティス「な? アナタは人の話を聞いてたのですか?」
ストーク「ああ、だから言ったんだよ。昔こういうのだった・・・いや昔乗ってた事があるんだよ」
オーティス「はぁ!? これは全く新しい・・・」
ストーク「新しいって、そりゃあアンタらサナリィ社の話だろ?」
オーティス「エ? アナタは・・・本当にそんな機構を持ったMSに・・・?」
トビア「ストークさん、アナタは・・・」
ストーク「まぁ・・・長く生きてりゃあ、昔取った杵柄も多くてな」
トビア「昔、スーパーロボットに乗ってたんですか?」
ストーク「テメェ、誰と勘違いしてやがる?」
 ・・・・ヤッテヤルゼェ!

 で戦い終わって・・・
ストーク「じゃあ、借り物の奴、返しとくぜ」
オーティス「返されても困る! もうクロスボーンと共闘してる所が連邦に知れてしまったのだぞ!! こっちにいらん疑惑がかけられてしまうだろうが!」
ストーク「それもそうか、じゃあトビア、オメェんとこで使うか? 海賊らしく黒く塗ってな」
オーティス「それもやめてくれ! 幸いに、新気鋭すぎて連邦にはコレの機構までは分かっていない。
 だから、時間が経って、今回の事件が風化すれば、新機体として世に出せるはずだ!!」
ストーク「じゃあ、ウチん所で保管しとくか。分離しときゃあ、ただの戦闘機になるんだからな」

 それから20年後、宇宙のとある所で、白いガンダムと光り輝く翼を持った黒いMSが、金色のMSと戦い合ったのを目撃したとの報告があったが、それはどの様な公式記録には載ってはいない・・・。


 とまあ、今回は昔長谷川先生の描いた『Vガンダム外伝 脱出計画編』の伏線をはって、終了するんですよ!

KIMI「まあ、なんと大げさに妄想したね。この大嘘つき野郎。ってか長すぎ」

 そのマンガでは、ウッソはまだVダッシュ・ガンダムに乗っているのに、何故かグレイ・ストークの所にはV2ガンダムがあって、読んだ時はなんであるのかと思ったが、今回の『鋼鉄の七人』で光の翼が出てきた時に、ようやく理由が分かったね。あれは多分・・

KIMI「え〜、とりあえず、長らく奴の妄想に付き合ってもらい感謝します。では・・・」

 備考 グレイ・ストーク、Vガンダム外伝が初出とするキャラで、その劇中で、乗っていたツギハギだらけのMS『ガンプ』にはハイ・メガキャノンが搭載されていた事により、物語最後に木星に行った一人の元ジャンク屋のガンダム乗りではないかと思われる。
 ただ、その事には作者が触れていない為、真偽の程は定かではない・・・なんてね(笑) 
posted by RYU at 21:00| Comment(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

日曜の朝って熱すぎザ・グレートだよ!!

 金曜の疲労いた体調もなんとか落ち着いてきました。
 当日は風呂に入るのも億劫でしたよ。湯船に入ったら、疲労で体勢を維持できずに湯船から上がってしまう・・・って何ソレ。

 と、言うわけで今日の妄想ザ・熱血
 
 今回の発売のヤングアニマル掲載の『ベルセルク』は熱いぜッ!
 共通の敵とぶった斬る為に、因縁ありの不死のゾッドとガッツが共闘するコノ熱血展開!
 魔霞を斬る事の『竜殺し』の大巨剣を持つガッツ、魔霧うごめく大空を飛ぶ事の出来る大翼を持つ魔獣姿のゾッド。
 互いの利点を生かし、竜殺しを持ったガッツを乗せたゾッドが敵に向かって大滑空、黒き狂戦士と黒き魔獣が一振りの刃となった様は・・・・・まさしく! 実に! 刃馬一体!!!!
 スッゲーーーーーーカッコ良いよアンタら! この『竜殺し!! 逸騎刀閃!!!』
 ・・・・・いや本当に刃馬一体ですよ。ゾッドの『斬り裂いてみせろ あの雷雲を」も中々の雲燿っぷり。
 因縁ありの敵味方が共闘して、合体技ぶちかますなんて今回のベルセルク熱かったよ〜。

 ドリマガから誌名をゲーマガに変え、前号からスパロボOGページの連載が始まっており、今回の短編小説はSRXチームの話、途中までリュウセイのコミカルな話でしたが、ラストはきっちり熱く締めてくれましたよリュウセイ君
 『逃げ出さない勇気』と『守り抜く優しさ』を語るリュウセイ、ってそれ、SRXのテーマ曲『鋼の魂』の語り部分で影山さんが言ってるセリフだぁぁぁぁぁぁ!! 応!! 熱いぜッリュウセイ!!
 リアル系な話でスーパー系熱血理論を持ち出すのがスパロボだ! ダイゴウウジガイとリュウセイが共演しないのが悔やむなー・・・かぶるなんだからだろーなーー。

 メカデザの明貴美加さんの描くSRXもいい・・・、掲げた天上天下爆砕剣の刀身の文字も映えてるし、しかしなんと言っても。
 SRXの胸の装甲版からチラリと見えるR-1がなんともイイ! 熱血をもてあますぜッ!!このチラリズムは!さすがはMS少女などを描いている明貴美加さんだ!!
 興 奮 す る ぜッ !!! ハァハァ(´Д`)

KIMI「・・・・・・・・さすがに警察は・・こんな妄想では逮捕してくれないか・・・・・・病院も動いてはくれんか・・・」

 今日のガイキングにも興奮したよーー久々にスーパーロボットの醍醐味を味わえましたよぉぉ! では! 今日の妄想はコレで完了!
 
posted by RYU at 21:28| Comment(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

雨は降る〜・・・とことんに降る〜

前略 
 雨が降ってます。
中略
 雨が降ってます。
後略
 雨が降ってます。

RYU「では寝る」
KIMI「コラァァーーー!! 投げやりに終えるなー!
 大体、【後略】の後に文章をつけるのは変だろうッ!!」
RYU「あ、そうか。それもそうだ。
 では・・・・寝る」
KIMI「ええい! たかだが仕事中に雨が降っただけだろうがッ!」
RYU「先週一週間もな、付け加えるなら今週一週間も降り続けるんだぞ」
KIMI「・・・自転車便の運命だと思ってあきらめろ
 大丈夫・・お前なら出来る」

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RYU「ウン! ボク! ヤるヨーー!! アメガフロウガ、ヤリガふロウガ、ベアリングだんがふろうが
 おくすたんガフロウが、自転車の力をもってすれば、造作もなく・・ヤッテヤルゼェェェェェッ!!」
KIMI「イカンッ!? 雨降りの自転車便野郎はハイ・テンションなのを忘れて、下手な激励をしてしまったか!
 ・・・・・・ヘンなトコに入ったかーーー・・まぁ寝ろ」

RYU「・・・自分の中にある闇に喰われて・・・ホロビルガイイぃぃぃぃハッ卦しゅぅぅぅ!!!」
KIMI「ホントに・・・ヘンなトコに入ったな・・・クルーゼ入った木原マサキになっとる・・・

 ・・・・・・・いつもレベルで良かった」
posted by RYU at 23:53| Comment(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

明日への叫び〜サイバー・ハート〜

RYU「不肖RYU、トークライブから!」
KIMI「遅いわァ!! もう半日以上経ってるじゃないかァァァァ!!! もうネットでは、盛り上がり過ぎて消沈してるわッ!!」
RYU「日曜朝のガイキング・リュウケンドー・ボウケンジャーの真ヒーロータイムの為に寝ました。
 で、今ネットで自分の記事の確認した所」
KIMI「ほら、さっさと書く書く。何気に入場カウンター上がってるだから」
 
 スパロボ大戦OGトークライブ〜秘密の宴〜
 新宿区歌舞伎町のとある町ビル地下2階でスパロボ・プロデューサー寺田さん御大自らがスパロボトークをする!
 その寺田さんが語る今回のトークライブのコンセプトはッ!!

                「まったり」

RYU「と、言う我が今日の妄想もマタ〜リと濃く行きますか」
KIMI「・・・なんかヤな表現だな・・・」
RYU「ちなみに、今回お店側のメニューに、特別に『クスハ汁・ライト』なるモノが載っておりました。
 リンゴジュースと≪青汁≫のミックスジュースでな」
KIMI「リンゴと青汁・・・、なんたるライトか! 貧弱というほかはない! ええい! クスハ汁ヘヴィとかクスハ汁マグナとか
 我こそはクスハ汁ザ・グレートとかは無いのかッ!!」
RYU「ねぇぇ!! と言うか、どっかの編集部がマジでゲームで表示された材料でクスハ汁を作って、感想は「本当に倒れます!」だぞ
 そんなモノの後半パワーアップ名前なドリンクは飲みたくない」

 最初のゲストとして、ダンクーガよりドルバック大好きPV(プロモーション・ビデオ)制作者のシマザキ氏推参
 アキバのメッセのスパロボ・オリジナルPVはいい仕事とほめておりました。参考にするぐらいに

RYU「メッセのはね、本編アニメを取り込んで4分割で本編メインシーンを繰り広げるPVで参戦作品を紹介してたから
 ホントにいいよ。だから、映像時間が1時間をゆうに過ぎていたけど」
KIMI「そして、それを2回ぐらいかぶりつくアンタ」

 つぎゲストとしてTBR見参
 TBR:スパロボ公式サイトにあるブログで、寺田さんが余り書けないので
 別ネタとして、新人声優さん「斉藤梨絵さん」「相澤舞」さんの二人をスパロボ好きにする過程を
 それぞれブログにて公表するというネタ
 ちなみに、斉藤さんのスパロボMXプレイで百式の事を【百武】(ももたけ)と素で色々と間違えていた話は余りに有名

RYU「で、こんな感じでプレイしてますよと出された斉藤さんスパロボ・プレイメモなのだが、1Pから【百武】推して参るッ!」
KIMI「お〜生【百武】〜やはり来ましたか〜」
RYU「そして、次めくって2Pめにも【百武】」
KIMI「おおッ!!?」
RYU「無論、3P4Pめくっても【百武】【百武】の名前が・・・」
KIMI「デュミナスばりな過ちな存在になってるーーーー!!」

 そして語られるスパロボ制作秘話の数々
 色々と明かされていくシマザキ氏のPV制作やCM制作の時の話
 数々のロボやOG機体のデザインもやっているカトキハジメ氏との裏話

RYU「SRXの頭部のデザインって会社側の指定じゃなく、カトキ氏が推奨したデザインだったとは
 しかも、本人意気揚々に『このデザインなら10年は持ちます。というかこのデザインでないと生き残れません!』・・・で」
KIMI「10年以上は持ちそうなんだから、天才は凄い・・・」

 更なるゲストにボークスの鷹尾さん、でかい紙袋もって降臨
 もちろん、その紙袋の中はボークス社製アクション・フィギア「SRX」・・と京都土産のおたべ

RYU「電撃スパロボVOL.4で発表されてたテストショット版を持ってきた様で、生でR-1・R-2・R-3が見れました。
 そして鷹尾氏の手によって」
KIMI「ヴァリアブル・フォーメーション! 合体が始まったんだな!」

 カチカチ パチ カキャクリッ カチカチカチカチ グイッ…

RYU「・・・そして、寺田さんのトークが再開されましたー」
KIMI「合体時の強度を保つ為に、変形を簡易にしたのに、やっぱり苦労するのか・・・ボークスさん」

 スパロボのスタッフロールに書かれているじっぱひとからげ氏は寺田さんの師匠で、実在の人間で(サンライズの矢立肇みたいに)
 連名ではないそうだ
 あと、2次アルファ制作から七口噴血な労働で会社に寝泊・・住んでたそうだ。バンプレなのでゲームとおもちゃだらけで
 結構極楽だったそうだ・・・
 ・・・・・・あの事件が起こるまでは・・・・・・

RYU「だが、その事件はネットでは公開しない事にしました」
KIMI「なんでやねんッ!!?」
RYU「いや・・・・さすがに、寺田さんの面目というモノがあるでしょうし・・・2チャ掲示板見ても、ソレは書いてないので
 どうやら、暗黙の了解でみんな書かなかった様だ・・・・」
KIMI「なにあ(や)ったねん寺田さん・・・」

 次に公開するは、寺田さんのマイPC。
 その中には仕事用のフォルダがあり、それを開く寺田さん

 そこにあったのは、ヴァイサーガに設定図。背中からの図やパーツごとのアップ、コクピット周りの設定も見せてくれました。

KIMI「今回って結構設定は作りこんでるんだ」
RYU「うん、ソウルゲインもちゃんとコクピット設定図があったよ。電撃ホビーの連載スパロボ漫画のヴァルシオーネみたいに
 有線型のモビルトレースシステムだった。
 ほかにも、OG1では容量の問題で削ったリオンシリーズの宙間戦闘用のコスモリオンの図も見せてくれました。
 ガーリオンとは別で、リオンよりもさらに飛行機に近い感じになってました」
KIMI「ほーでは、今回のOGSの予約特典のブックレットは厚くて同人作家さんら大助かりになるという訳ですな」
RYU「・・・多分、あれら全て紙面化して手に入るなら、ホントに大助かりなので、バンプレさんお願いします。
 あと、ガーリオンの専用機のパターンを見せてくれました」
KIMI「トロンベさんとかか」
RYU「あと、テンザン専用機カラーのガーリオンとか」
KIMI「テンザンか、いましたねー」
RYU「あと、テンザン専用カラーのパイロットスーツとか」
KIMI「テンザンきすぎーーーー!! 今回パイロットスーツの設定もあるんだ・・・」
RYU「インスペクターのアギーハとウェンドロの全身図もあった。本当に設定をあらわにしてます今回
 そして次に画面に出るは第三次αのバルマー帝国な方々の!」
KIMI「おおぉ!!」
RYU「でも、ゲーム画面のままのバストアップの絵だけで、寺田さんから出た言葉は
 『下半身の設定はありません。あとはラフ画だけですので、PCには入ってません。残ってるのかどうかも』
 ナッナンダッテーーーーorz」
KIMI「あらら、角川からスパロボキャラの設定本出すとか言ってポッシャったけど、それも関係あったりして」
RYU「OGでバルマー帝国出るまで、設定無しか・・ツラッ
 あ、リュウセイの私服姿が出てました」
KIMI「何? インナーのシャツがダイラガーXVプリントの奴? 公式設定になったの?」
RYU「K-X6さんの漫画だけだぁぁぁぁぁーー!!
 ・・・実際はパーカーにGパンという私服」
KIMI「なんだ、普通だね」

RYU「背中にバンプレストマークがプリントされていたがな」

KIMI「ぶっ!? なにそのステキパーカーは?」
RYU「だが残念な事に、ゲーム画面で背中は見せないので、このバックプリントは没にするんだって
 な・の・で、RYUはこのバックプリントされている服着ているリュウセイを推奨しようと思う。イラストの形とかでな」
KIMI「また、いらん労力を」

RYU「では、後半へ続く!」
KIMI「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・えぇッ!!?」
posted by RYU at 17:27| Comment(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

妄想、大再開ッ!!

RYU「我らが焔鋼のHP、ここに大!復!!活!!!!
 皆様お待たせいたしました! 長き眠りを破り、さらにHP名を『大熱鉄工所』と変えて戻ってまいりました!
 これを機に、新たな気分で頑張ります。
 コンテンツは少ないですが、これから色々と増やしていく予定でございます。楽しみにしててくださ・・・
KIMI「日想しか無いじゃないか。あと、復活大遅すぎチェェェイリャァァァァ!!!」

 ボォォクシッッッギチギチギチ・・・・

RYU「ヌゥゥオ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ 痛い・・
 KIMIちゃんよ・・足・・・止めてくんない? 本日の仕事は19時までノンストップの食事休憩&仕事待ちの待機なしの自転車便超特急
 だったんだから・・・」
KIMI「知らん、盆進行の中の週末なんだから腰を入れて踏ん張れ。
 大丈夫、お前なら出来る・・・」
RYU「雨降りまくっていたがな・・・」
KIMI「さて! 気分を一新にしてHPを再開した訳なのだろうが、HP名を変えるとは、これまた一新させたね〜」
RYU「いや、それはね、【焔鋼】で検索してみると変えた理由が分かるよ・・・・・・」

 カチ・・・ズラァァァァァァァァァァ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!

KIMI「・・・・・凄ッ! 何! この薔薇色染めの検索結果は!? 焔と鋼という男心をくすぐるキーワードで
 何故、男共がくすぐられている以上の事がされてしまっていると断言できるこの悪戯覇極道は!?」
RYU「悪戯覇極道って・・・まあ、こんな検索結果では、ウチらのサークルを知って、名前で検索してみたら、素晴らしき新世界へ
 ご〜招〜〜待ぃな事なってしまうのではと杞憂してのぅ」
KIMI「いや無いだろう・・・・・・多分
 ・・・ホントに心機一転させたいんだねーーー・・・」
RYU「このHPを開始した当時は、ほぼココしかヒットしなかったんだが、いつの間にやら薔薇色染めに侵食されていた・・・・
 だが! そして! 看板の名前を変えて、私はネットに戻ってきた!
 う お お お お お お お お お お お お お お 俺はやるぜッ!!!」
KIMI「おおッ! 凄いやる気だ・・・今回の夏コミは・・もしかしたら・・・」
RYU「明日のスパロボOGトークライブ! 頑張って見に行くぜ!!」
KIMI「・・・・・・はぁ?」
RYU「いや〜楽しみで楽しみで、もうしょうがないッスよ本当に、新情報とか戦闘シーンとか、どんなのが見れるんだろうかと
 期待大でウキウキしてるんッスよ」
KIMI「ニコニコ 足に向かって! 双龍脚だッ! 死ねぇぇぇぇぇぇい!!!」

 バラン!ドバァァンッ!!

RYU「のおぉぉぉおぉぉおぉぉーーーーガード不可&装甲値30%低下な音がぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」


 夏コミ受かりました。金曜 東L41aでございます
 今まで書き溜めていたゼンガー小説と、あと別のネタ二本立てを仕込んだコピー本を出す予定です。詳細は近日に報告します。
 
posted by RYU at 23:10| Comment(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする