2010年11月20日

スパロボOG第2期アニメ第8話感想妄想大烈記!

 よーやく最新話に追い付きました。

KIMI「いやもう11月後半だぞ」

 これで最新話まだ書いていないのかよと思われる事もなくなります。

KIMI「・・・まあ、一番早く放送された日より1週間後以上にその話をーとかな感じだったからな」

 ではでは第8話「凶鳥の眷属」


 今回、今までとは変わり宇宙編。
 リクセント公国事件の1時間前、訓練中のオクト小隊は重力異常の異変を感知する。
 一方ではエアロゲイターの置き土産である今検査中でのホワイトスターでも異変が始まっていた・・・。

 というあらすじなのですが。

 オクト小隊来ましたよォォォォォ! カチーナ中尉! ラッセル!タスクッ! そしてレオナ。

KIMI「テンション高」

 好きなキャラで構成されている小隊ですからねー、カチーナ、ラッセルのこの二人は特に大好きです。RYUゲームひいきキャラです。純粋なOGオリジナルキャラ(版権スパロボからのスピン主人公ではない)なので特にメインストーリーは任されないのですが、反面、こちら側に近い視点を持てるという稀有なキャラです。しかもコンセプトがはっきりしているのも実に俺好み。防御力に定評のあるラッセル君は大好きだ。

KIMI「さすが、ラッセルSSなんてレアなモンを描く奴だ」

 ちなみにここにおいてあるのでお暇な方はどうぞーゼンガーさんもおいてあります。
http://www13.plala.or.jp/G-HOMURA/nobe.html

KIMI「いや宣伝はいいから、いきなり変なからみから来たかと思えばそういう事かい」

 ガンドロでかぁぁぁぁぁい問答無用! ああ、このでかさがたまらん。
 ズィーガリオンがいきなり普通に出てきている。レオナ専用機として普通に出すのか。
 カチーナとラッセルはいつもの様にゲシュで登場。カチーナ機は例の如く赤く、ラッセル機はPS2版順当でノーマルカラーか、カイと同じ緑のパーソナルカラーだったのに変わったのはかぶるからなんだろうなー。
 カチーナ、タスクのいつもの攻撃性ボケと下手(したて)ツッコミが冴える漫才開始。
 ガンドロは鉄板だな、ズィガンは初めて聞くが、中尉、ジェガンに聞こえてしょうがないッス。

 異常を感知した戦艦ヒリュウ改。
 只事ではないないという事で、半舷休息を解除・・・休息を解除? しかも艦長が休息している?
 ・・・もうあのネタ振りだという事がモロバレです(笑)
 ショーン、こいつー♪<副艦長の計算外です。

 地球圏の各地で重力異常が発生し、そこから謎の機動兵器がわんさと表れて次々と施設を襲撃していき、北米のメイン軍事基地であるラングレー基地ではトップのケネス少将がシロガネに乗って撤退。
 月面での機動兵器開発のマオインダストリーでも謎の襲撃に、そしてヒュッケバインよこせと地球何ヶ国語で勧告がくる。

 リオの眉毛がすごい・・・男前です。
 あと、マオ社長・・・いやいい。今はそんな事は関係ない。

 勧告された事を無視してヒュッケ関係を逃す社長、マオ社長マジ男前。
 って、AMガンナーが輸送機護衛に普通に出てきた。

 AMガンナー1機では護衛は無理な訳で・・・むろん援護が来るのですが。
 かかるBGMが「フラッパーガール」 とことん趣味な機体ヴァルシオーネ!
 ・・・凄い作画の力の入れよう。多分今期最高の美人に描かれているよこのヴァルシオーネ。
 アレンジもいい感じで、鎧のゴツさもいいアクセントになってますねー。てか動きもいいけど、ワンフレカットが時々エロイぞ(笑)
 
 グレイターキン! メキちゃんキターー! BGMがインスペクター曲だーーー! うおおぉぉゲームプレイのあの悪夢がぁぁぁぁぁ! お前らの機体、雑魚敵ですら固くてHP多すぎるんだよォォォォ!!!
 グレイターキンがかっこいい。こんなにカッコよかったっけ?とか思うぐらいに。
 ガンナーの攻撃をものともせず、ヴァルシオーネをボコにするグレイターキン。さすが自称裏のリーダー強い。
 そしてノリノリの石田声、こんな感じのキャラやらないからなー。

 落された輸送機のハッチが開き・・・そしてお目見え!
 ヒュッケバインEX! だが、あえてその名は名乗らん。名乗るならばエクスバイン!!
 さすがリョウト、専用BGM引っさげてエクスバインを無事起動。
 しかもボクサーパーツを換装しましたよ! うわー俺好みのボクサーがいきなり来ましたよ! 今回は本当に色々来てたまらんな!!
 ちなみにエクスバインとかもったいぶった事言っているが、ヒュッケMkVにバイザーがついている感じ。それだったら・・・思っちゃうがそこはしょうがない。

 「ガイストナックルッ!」「カタパルトキィィィック!!」
 PTのくせして叫びます。これが小型化されたSRXのコンセプトか。
 しかし、その小型化されたSRXの力はそれだけではなかったです。

「フルインパクトキャノンを使う!」「ええ!? でもボクサーパーツをパージしては危険よ!」
『いいから僕の言う通りにするんだ!! コントロールを渡せ!』

 ボクサーのままガンナーとドッキングッ!!??
 え、まさかそのまま撃つの? そんな攻撃知らないっていうか、SRXの天上天下一撃必殺砲っぽいぞ。
 これにはメキちゃんも焦り顔。フォトンビームを撃つも弾かれて・・・盾をダメにしてしまう。
 盾が駄目になった程度かー、まあ今回はこちらも本気ではなかったと言う事でいいか。
 このボクサーガンナー合体フルインパクトキャノンは度肝を抜かれたなー。
 元々、大型キャノンを抱えて撃つのは好きなだけに・・・これはゲーム本編では使える?
 ここで、この攻撃のお披露目は早いとか思ったが、他にも隠し技は持っているはずだ。
 ボクサーパーツをR−ソードにしてエクスバインガンナーで扱うとかしてくれる!

 ヒリュウ改の援護も受けて何とか撤退作業を完了する輸送機。
 しかし、マオインダストリーは陥落、そして地球圏でもインスペクター四天王によって重要施設は落されていた。
 もちろんシカログは喋らなかった! おb・・・アギーハは浅川悠に変わっていた!
 ・・・有名声優が一人増えたよ。

 そして、ヒリュウ改艦長レフィーナ中佐は
「所で艦長、そのヌイグルミは?」
『ダンディライオンちゃん2号ですが何か?』
 クルーにネグリジェ姿を披露していた。しかも恥ずかしげもなく・・・強くなったな艦長、主に副艦長のセクハラのお陰で。


 今回もてんこ盛りで面白かった。
 そして次回はテスラライヒ研究所にインスペクターの魔の手が迫る!
 しかし、たった一つの武神が降臨する! 次回「武神装攻

KIMI「ちげぇーよ! まだ早すぎる! 今回はアステリオンをテスラから逃げさせるお話だろうが」

 アステリオン逃げて、サイバスター助けに来る感じか。
 一方テスラ研究所では
カザハラ「ほら、ウチの新型のアステリオンが逃げちゃったよ、追わなくちゃ」
ヴィガジ「いや、お前の所はあんな小さいの作らないだろ、大きいの出せよ」
カザハラ「大きいの? そんな非効率なもの、もう作ってないよ。今からの時代は小さいのがいいんだよ」
ヴィガジ「マジで?」
カザハラ「マジデマジデ」
ヴィガジ「・・・・・・」
カザハラ「ほら、今度作る奴でこんなのあるから」
ヴィガジ「ちょ、おま、何この少女を模した様な機体、地球人こんなん作るの!?」
カザハラ「乗る?」
ヴィガジ「・・・・・・・・・・・・乗らん・・・絶対に乗らんぞ!」
カザハラ「今だ! 先生どうぞ!」
リシュウ「どぉれ」

 こんな感じ。

KIMI「違うぞ妄想バカ」
posted by RYU at 10:25| Comment(0) | スパロボOGアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。