2010年10月21日

スパロボOG第2期アニメ第2話感想!

 前回、サプライズ登場したスレードゲルミル。
 そして天使降臨したアンジュルグ。

 今ここに2体の特機が相見え、そして頂上大激突をー

 しませんでしたー。
 というか天使降臨してる中、DC残党は撤退、スレードもドリルブースターも呼応して飛び去りました。
 がーッ! 前回はリアル系バトルだったんだから、今回はスーパー系でバトってくれよ!
 スレードVSアンジュルグを期待していたのに・・・アンジュルグに戦闘がないまま、シーンが切られるなんて・・・。
 実に残念。

KIMI「前回も言ったけど、スレードに必要以上に戦闘させたら、展開をはしょってしまうからでしょうな」


ラミア「なかったりしちゃいます」
 ラミアお約束バグ言語発動! リーはギャグ顔になってしまう!

 すげー! 序盤のエクセレン姉さんの表情豊かには楽しませてもらったが、まさかあの堅物のリーにギャグ顔をさせるなんて、本当に忘れ去られる様な感じで退場しない事を祈る。
 OG3ではー、クロガネに拾われて、レーチェルの代わりに艦長を努めてくれないかなー?
 悪い軍人ではないと思うんだがなー、こう己の弱さに気付けばね。
 けど、シロガネの方が似合うけど、シロガネにもう一度乗れる機会はなさそうだしな。

 とまあ、ラミア初対面のお約束を果たし、ATXに新たな仲間を得た所で、舞台は中国・蚩尤塚。
 蚩尤塚ですよー。あの超機人が眠っている所です。

 蚩尤塚を検査している安西エリ博士。
 ・・・新スパの非戦闘員キャラがこうやってアニメに出て、声つきで喋るってのは感慨深いな。
 今作の超機人イベントとかでからむキャラで、新スパで出てから好きなキャラなので、今後とも活躍して欲しいですねー・・・さすがにドリルネタはないかな(笑)

 蚩尤塚に眠る古代兵器『超機人』
 DC残党のアーチボルトが何か言いましたが、それはこのスパロボOGの百年以上前を舞台にした漫画『超機人 龍虎王伝奇』のお話です。
 アーチボルトはそこら辺の話からめた事いっとかないとね。
 あと、龍虎王と対峙しているのは雀武王! 影で見えづらくなっていますが、間違いなく雀武王ですが、雀武王はその内出るんでしょうかね?
 敵なのか、パワーアップパーツになるだけなのか、はたまた味方ユニットととして活躍してくれるのか。

 蚩尤塚を攻めるアーチボルト、本当に超機人が欲しいかは分かりませんが、無駄な血が流すのが大ー好きーという事で、民間人が撤退する前に情け無用アタック。

 非情なやり方にキレるブリット、場に感情のセリフをぶちまけます。
 それに対し、自分の正義で反論するユウ。
 いやーいいね。この二人のライバルっぷり、これだから雀武王の操縦者はユウとカーラにして欲しい、タスクも捨てがたいですけど。

 ぶつかり合う二人。
 そこに水注す感じで謎の生命体が大勢で乱入。
 触手ウネウネの謎の生命体が突如として現れた為に戦場は大混乱。
 そこに超機人の龍王機と虎王機が覚醒! 触手生命体の暴虐に怒り頂点なりぃぃぃ!! と言わんばかりに大暴れ!
 風は吹き荒れ、炎が焼き焦がし、雷は天から落ち、虎が超級覇王電影弾し、戦場は超常の嵐。

KIMI「途中変なのがあったけど、そのまんまだからいいや」

 ここら辺の暴れっぷりはいいですねー。OGでは個別の戦闘はなかったので、そこらへんの鬱憤を晴らすかの様でした。
 ブリットに対し一瞥した後、場を去って行く龍王機と虎王機。
 残った人間達は何が起こったのか分からないまま、第2話は終わり。

KIMI「うん、ゲーム本編知らない視聴者も何が起こったかは分からないと思う」

 しかし、アンジュルグは本当に戦闘がないな。
 第1話最後に神々しく降臨したと思ったら、第2話でも戦闘なし。
 アンジュルグが戦闘アクションかますのは何話ぐらいになるんだろう?


 あと、ブリットの乗っている機体なのですが、見た目量産型ヒュッケバインMk-2かと思ったら、先行量産型ビルトシュバインだそうです。
 もう、ヒュッケバインはガン○ム顔にするしないとか関係なしで、名前すらも出せないのかな?
 いや、それはそれで仕方ないけど、それならもういっそ、ビルトシュバインをヒュッケバインの代行機にしてしまえばいい。

 正式量産機として、Gインパクトキャノンを携えたビルトシュバインMk-U。
 そしてSRXや多くの起動兵器データを基にして小型単機高性能を追求したビルトシュバインMk-V。

 月面にて量産計画や単機高性能などのデータ取りを済ませた初期ビルトシュバイン。
 新たな運用として、多くのPTが搭載しているプラズマジェネレーターとは別のエンジンの起動試験を行われていた。
 動力炉の名は『ブラックホールエンジン』

 もう本当ね、ビルトシュバインでここまでやってもらいたいものだ。
 じゃないとリン社長の活躍がなー。
 明貴美加さんが新たなメカのデザインをしているというので、恐らくはビルトシュバインの数々の新たな派生を我々に見せてくれるのだ!

 ああ、楽しみだな・・・ビルトシュバイン・シュバルツロッホ(ブラックホール独語)

KIMI「ドイツ語読みで強化ネームかい、しかも・・・『黒穴の猪』? ・・・なんか巣に引きこもりがちな猪っぽいな」

 たーのしみだなー。
posted by RYU at 23:45| Comment(0) | スパロボOGアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。