2009年11月08日

体験版PSPo2をダウンロードしました。

 ファンタシースターポータブル2の体験版が公式サイトでアップされたと聞いてので、PSPを買いました。
 え? go? 高い上に画面小さくなっている様なのでやめて、普通にTYPE3000に購入です。

KIMI「ついに買ったのか。で、体験版どうなの?」

 本屋に行くと発売と同時に出る早取り攻略本を、ファミ通読んでいる攻略ページを探してしまう自分がいました。

KIMI「いや、それ体験版だから! ・・・結構ボリュームがあるって言いたいのね」

 ストーリーミッションが1つにフリーミッション3つ、そしてマルチに追加1つで、マップは4つ楽しめます。
 キャラクターLV15までで、タイプ(職業)レベルは5レベルまでしか上げられないのですが、マップが4種類あるので結構アイテム集めが楽しい。



 と、いうかですね。
 なんというかですね。
 超進化とうたっている今作なんですが、本当に超進化です。
 別ゲームです。別ゲーム会社です。本当にセガが作ったのか? 

KIMI「そこまで疑っているのかよ」

 開発元はアルファシステムなんですがね。
 でもポータブル1もアルファシステムですが、それでもシステムが大変わりです。

 特にアクションが変わっています。明らかに方向変換しました。
 前は武器事に設定されていたPP(フォトンポイント)がキャラクターステータスに設定されました。
 そして、フォトン技【射撃、武器必殺技、テクニック(魔法)】に加えて、今回の目玉である緊急回避・ガードでも消費する様になりました。

KIMI「武器事に消費していたのが、1本に強制統括されて、消費する行動が増えたのってツラくない?」

 その反面!
 前がアイテム・通常攻撃ヒットでしか回復しなかったのが、今回は時間で回復します! しかもゼロから全快がおよそ15秒ぐらい!!
 変わりました! やりやすくなりました!
 アクティブな行動をしまくると、簡単にゼロになりますが、それでも簡単に全快しますので、あまりPPを気にしなくてもいい感じになりました。

 ああ・・・PP気にしなくてもいいってのが、こんなにも爽快だなんて。

KIMI「ああ、モンハンのスタミナゲージみたいになったのか。 そりゃあアクション性は高まるな」


 さておき
 PSゼロから実装された緊急回避はやはり使えるのですが、今回のキモはガードです!
 これでファンタシースターは生まれ変わりました!

 シールド及びロッド以外の両手武器(ライフル・ツインハンドガンなどの射撃武器でも可)で正面からの攻撃のダメージをやわらげるガード行動が取れる様になりました。
 さらに敵の攻撃をギリギリのタイミングでガード行動取った際はジャストガード発動し、消費PPと被ダメがゼロになって、そこから攻撃するとジャストカウンターという攻撃がクリティカル扱いでモーション中は無敵になります。

KIMI「結構いたせりつくせりになっているのね」

 しかも、PSゼロからあるシールドでジャストガード成功した場合のみ、シールドアーツという衝撃波が発生し、前面の複数の敵にダメージ! そこからのジャストカウンターで武器必殺技使うといい感じ過ぎです。
 つーか、たまんねーなオイ!

KIMI「ああ、お前って当身技って好きなんだよね、必殺投げみたいだし」

 これで、敵の攻撃は避けるしかなかったPSUシリーズとは別物になったと言えるでしょう。
 敵の攻撃を待ち構えてシールドアーツ! ってのが本当に爽快で爽快で。
 前は両手剣のソードをたくさん持ってうろついていたのが、今回はシールドと片手剣セイバーのセットを属性事に持つ様になりました。

 シールドのお陰で片手武器の有効性があがりましたね。
 左のシールドを上手く使って安全を確保しつつ、右の片手武器で攻撃するってのが強い。無敵になるんだからボス戦でも有効的。

KIMI「右の? あれ、じゃあ片手射撃武器のハンドガン・クロスボウは左装備オンリーだから」

 間接攻撃ならスライサーを使えばいいさ。

KIMI「でもスライサーは攻撃発生までに時間かかるし、遠距離ってわけでもないから、本当に間接のみなのが」

 スライサーは曲線的に複数ターゲット出来るからいいよね。

KIMI「こいつは鎧も好きだけど、盾も好きだからなーしかも武器と一緒で鎧盾共にデカイのが好きだし」

 両手武器は集めるのが好きだったけど、今度はシールドの為に片手武器の幅も広がったのがたまんないね!
 PSゼロではシステム上シールドしか装備できないし、シールド防御は使いづらくて、狙ってまでやるモノではなかったのに、今回は戦略の一つにまでなって嬉しすぎる。

 本当に戦闘は格段に楽しくなってますね。
 PSゼロにあったNPCに命令がPSPo2でもできるので、今回のNPCはアクティブに動いてくれるってのも嬉しい。

 PSPo1で廃止されたアイテム合成は今回もなくなって、フィールドやらで収集してます。
 そして、今回は武器強化も変更。
 失敗しません。グラインダー必要ありません。金使って強化ですが、基本PSU系統はあまり金使わないので、マップ周回していれば、持っている全武器のFULL改造なんて簡単にできます。
 レア度によって強化金額は変わり、今の所レア度1〜4程度しか入手していないから、今後どうなるかは知りませんが、にしても、この変更は嬉しい。
 ・・・もう、武器強化のはずが武器爆破になってしまったなんていう何言ってるか分からない状況が生まれないなんて・・・。

KIMI「ちなみにPSUでも武器強化で失敗した際の武器消失は現在はありません、ただ強化数が0に戻って強化限界数が1減る仕様になっています」

 ・・・それでも強化成功率は悪くてねー。
 最高であるグラインダー+10は、合成で作るか、他プレイヤーの出店で買うしかなかったが、+10は頻繁に出ないし、高いのに、・・・10段強化なんて・・・orz
 5,6強化で諦めていたあの時期よさらば!

KIMI「おお、漢泣き・・・!
 ・・・だから、今でも強化する時には異常にハラハラドキドキしているのか」

 いやね。強化は完全成功するって言われていても、あの強化する間は変わっていないのよ。
 強化時間終了を教えるだけってのは分かっているんだけど、あのゲージが伸びていく間は・・・心臓と胃に負担を与えております。

KIMI「相変わらず小心者だな」

 あとはタイプカスタマイズで、タイプレベル毎にポイントもらえて、ソレを消費して、持てる武器の種類及び対応グレードを増やす事が出来るも育てる醍醐味が増えて面白い。
 近接仕様のハンターでも、片手杖や両手杖を装備できる様にして、テクニックを使えたり、銃も特殊な奴も使える様にカスタマイズできたりできる。
 タイプにアビリティ(技能)を着け外しできる事になり、HP+や防御力UP、緊急回避の消費PP緩和などのアビリティをつけて、戦闘を楽にさせるカスタマイズができます。

KIMI「なんか色々と手を入れやすくなってますなー」

 簡単にできるので、そう悩む事無くできます。
 この武器、装備させたくなったので、装備カテゴリを増やして装備差させたりしてます。

 条件で得られる称号の報酬で『蛇腹アルビーノ』というのをもらいましたが、これはフォトンウィップという片手鞭で、基本フォトンウィップはエネルギー状の鞭ですが、これは専用グラフィックで、攻撃していない時は剣状態で攻撃する時には剣が分割して鞭状態になるという蛇腹剣で、言うなればガリアンソード!
 もう速攻武器カテゴリ解放して、装備して使いまくってます。
 あの刃が分割して広がっている様はまさにガリアンソードッ!!
 ああ、たまんねぇ!!

KIMI「おおう、恍惚としている」

 これはもう製品版を楽しみにしていい出来です。
 というかこれだけでも充分に楽しめるので、PSP持っている方は暇つぶしにでもダウンロードしてやってみるというのも手です。
 ただ、買いたくなったなどの苦情は当方は受け付けません(笑)

 ああ、明日にはネットワークプレイが出来る様になるので、ネットで共同プレイが出来るのですよ。
 ちなみにネットワークトライワルに当選してますので、ネットプレイ出来ますゼ!
 もう楽しみで楽しみで!

KIMI「あれ? 鉄拳6って買ったよね。どう?」

 ・・・とりあえず本編ストーリークリアして、ポールで個人クリアして・・・。

KIMI「全然やっていないな」

 ・・・さて、マップ周回が私をまっているから、今日はこれにて。
posted by RYU at 22:52| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。