2008年02月04日

日曜東京は雪が積もりました。

 コケました。

KIMI「仕事中にか・・・雪降ったお陰で路面が凍結していたからか」

 うん。
 もちろん、気を付けて走っていたンだけど、選んだ走路が途中までは良かったんだが、途中から路面が凍結していたらしく、ズルッスッテーーン!という訳だ。
 転んだ瞬間の意識はしっかりしていたらしく、身体だけが前に行く中、「ああ、このままだと前の立て看板にぶつかる? いや手をよけりゃあぶつからないか」とか思ってるぐらいの余裕はあったらしく、コケた後立ち直りも早かったです。
 精神がすぐに立ち直ったので、身体は大事に至らなかったのが不幸中の幸い。

 いやむしろ、先週風邪ひいて、治ってもどうも身体がダラケ気味だったのですが、コケたせいで身体にカツが入った模様。
 ダラケた雰囲気が一気に払拭、なんというか吹っ飛びました。

KIMI「・・・相変わらずタダで転ばないというか、その闘志不屈につきというか」

 打ち身がすこしある程度で、明日ぐらいにビキビキと響くぐらいかな。
 あと、右ヒザを擦りむいてしまいまして・・・・そうですね。皮・・2枚持っていかれましたかね。

KIMI「皮2枚・・・出血したって意味ね。・・・・ってこれは皮3枚じゃない?」

 いや皮2枚だって。

KIMI「皮2枚は血がにじむ程度でしょう? これは垂れ気味だから3枚は持っていかれたでしょう」

 垂れていない程度だから、皮2枚でいいの。

KIMI「皮3枚だって」
 皮2枚だ。
KIMI「強がりだ。皮3枚だ」
 大袈裟にはしない。皮2枚だ。


 痛い話になりましたのでここで割愛(笑)
 身体は本当に大丈夫です。むしろ元気になったぐらいです。
 ヒザは・・・皮2・・・・・、5枚ってキズですかね(笑)
posted by RYU at 23:13| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。