2007年10月16日

再びのスパロボ合宿

 土日2日間使って、スパロボ友人達との再び合宿に行ってきました。
 もちろん河口湖辺りでバンガロー借りての1泊、共通話題が多い友人達の語らいというか、みんなの炸裂するネタの共有化。
 楽しかったです。まさに浮世離れの一夜、世俗の垢が落ちていく様だ。

 今回も行ってきた富士急ハイランド。

 お目当ては「ガンダムクライシス」
 新規に始まったガンダムの2代目アトラクション、スパロボ好きはガンダム好きでもあるというのは世界の定説なので、スパロボ好きな我々は一同シュミレーションゴー!

KIMI「それプラモ狂四郎、シュミレーションだからマジに狂四郎だろ」

 事前情報のない私は、敵を倒していく系のバトルテックなモノを想像していたが、違ってました。

 ガンダムのマグネットコーティングをかますよー
 敵襲だー
 早く作業を済ませたいので、君達も手伝うのだー。

 で、渡されたモバイルみたいな物で1つめの部屋でマグネットコーティングのデータを5種集めて、2つめの部屋でそのデータを専用のPCにインストールするのだー。


 なんだ、戦わせてくれないのか。

 ちなみに、意外とミッション成功は難しいです。
 私は失敗しました。仲間内で成功したのは一人だけという難易度。
 データ収集の時点が難しいんですよ。データのダウンロード場所を見つけても、ほとんどノーデータ、どうやらダウンロードされた場所は次の人にはダウンロードできない模様、ダウンロード自体が1回だけなのか、時限式で復活するのか、それとも何らかの法則があったのか知りませんが、私はダウンロードできたデータは1つだけという体たらく。

 プレイ中、どうしたらいいんだと、2つめの部屋を歩きまくっていたが、2つめの部屋はガンダムの格納庫という事で、このアトラクション目玉の等身大ガンダムが設置されております。

 ・・・ええ、プレイに夢中になって、全く等身大ガンダムは目に入りませんでしたorz

KIMI「・・・なんたる無駄か」

 ガンダムアトラクションの後に、もう一つ何かやろうという事で、絶叫コースターな「FUJIYAMA」と「戦慄迷宮EX」の2チームに分かれる事に。
 私が選んだのは「戦慄迷宮EX」。

KIMI「おや、ホラーハウス系は苦手と言っていたアンタが珍しい」

 クックックッ、今回の戦慄迷宮EXはバイオハザードとのコラボレーション! 打っていいのだよ。

KIMI「撃つだろ。打つじゃあ拳闘になるだろ」

 だったのだが、かなりの人気アトラクションで当然の長蛇の列。
 待ち時間見ると、帰る待ち合わせ時間に間に合わないので、別の事で時間をつぶす事に。

 そこで思い立ったのが、ガンダムクライシス前にポツンと置かれていた「ゲゲゲの鬼太郎3Dシアター」 アレならいい具合に時間をつぶせるのではと向かう我々。

 待つ事なく速攻に買えるチケット。
 待つ事なく館内に入る我々。

 お客様は我々のみ、貸切です。一人で見に行ったら、一人だけで上映するのでは? とか思った。一同で見に行って良かった・・・・。

 ちょい一抹の不安を持ちつつ上映開始。

 3Dシアターなので、3Dメガネをかけるのだが、これは久しぶり、子供の時にかけた記憶がある。
 しかし・・・大の大人数人が3Dメガネをかけてる様は・・・絵になります・・なー。

 始まる3Dシアターの説明。説明するのはSD鬼太郎。
 片方に「SD猫娘」

 モトは取ったーーーー!!

KIMI「早っ!?」

 入場料400円=SD猫娘の拝観料となった! コレより先はサービスだ!

 意外に面白かったです。
 400円で3Dシアター12分が見られます。というモノで、館内もなんというか、安っぽい造りでー・・あばら家という感じだったので、心配してたのですが、中々に良くできた作品でした。

 ストーリーは妖怪好きな少年が図書館で見つけた本を魔王ベリアルの意思を出してしまい、その意思に妖怪の王にさせてやろうと言われるが、妖怪の王になる方法は魔王ベリアルを復活させる方法だった。
 復活した魔王ベリアルを倒さんとする鬼太郎、騙された少年もまた鬼太郎の力にならんと踏ん張る。

 そんな東映なノリの12分で、とても楽しめる作品でした。作画も全体にしっかりしていて・・・3Dシアターな志向はいらないぐらいでした。
 いや、本当にベリアル勢、鬼太郎勢、両方に登場人物増やして尺伸ばしたら、東映マンガ祭りに持っていけます。

 というか、猫娘。
 この劇場オリジナルっぽい服です。
 左耳の猫がつける様な鈴のイヤピンをつけており、劇中、よく猫鈴の鳴る音が聞こえておりました。
 猫娘が新たな特技を見せつけてくれました。
 なので、猫娘。

 この3Dシアター、猫娘に力が入っております。
 さすが制作スタッフ、今求められているモノが何か分かっているぜ。
 富士急ハイランドに行く鬼太郎好きというか、第5期猫娘ファンは一見の価値あり。
 なので、なんらかの方法でこの映像を他の方向で見れる様にして下さい。

 相方が見たいって、うるさいんですよ・・・。

 ぷっふ〜今回も楽しんで来たぜ!
 サービスエリアに着く度にモノを食うなんて事をして、旅を堪能して来たぜ。

KIMI「なんていう豪遊を!?」

 豪遊っ・・・そりゃあ今月キツキツですが、仕事中、中々メシが食えないんだから、こういう時はねって、フトコロの心配じゃなく胃の心配だろうが、そこは!

KIMI「貴様の胃など、心配する了見はないわッ!!!」


 ですね。

 
posted by RYU at 01:27| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。