2007年09月26日

とりあえずは色々と解消中

 ここの所は溜まっているアニメ鑑賞とACE3の毎日。

 8月9月半ばまで遊び倒していたツケで、全くアニメを見ておりませんでした。
 日曜朝3時間丸々録っていたのが7週間ぐらい溜まっていたのを、なんとか3/4ぐらいに解消、やはり電王とグレンの1時間はガチに面白い。

 グレンラガンは物凄く話が広がっていて、なんかゲッターサーガばりに話が広がっていくなと思っていたら、シリーズ構成の方の肩書きを見て納得、ゲッターロボサーガの担当編集さんだったそうです。しかも本人、石川賢先生の大ファン。

 どうりでグッと引き込まれる作品だと思ったら、これで納得。あの展開ぶりも、これで納得。
 どう、大層に広がった風呂敷を閉じてくれるか楽しみ。頑張ってくれ。


 ACE3、ステージ全出し、全機体出現、さらに相方が頑張ってくれ、全機体の改造MAXまで遊び倒しました。あとは無限弾数になるリミッターカットを全機体に施そうか検討中。

 ストーリ的にはあっさり気味、けど押さえる所は押さえているので充分面白い。まあ、CGデモやフルボイス、歌をBGMにしてのバトルなどなど、演出が良かったせいのもあるだろうが、新規参戦のエウレカセブンやキングゲイナーが上手く混じれた展開なのもあるだろう。かなり話を端折ってあるが、個人的には許容範囲。

 全体的な話は短いが、だからこそのお手軽感を上手く高めた作品です。

 残念なのは、真ゲの竜馬が、専用のルートにいかないと仲間にならないキャラクターだったのが、個人的に不服。お陰で竜馬はあまり他のキャラと喋らない存在になってました。
 せっかくの石川英郎ボイスが・・・、でも、聞けるだけでも嬉しいんですがね。
 ちなみに神隼人は喋りまくります。もうここぞとばかりに。

 あと、嬉しいのが、ただプレイヤーキャラで使えるだけで、ストーリには全く関係しないキャラで、今回の驚きの参戦。


 パーフェクトガンダム(パイロット:プラモ狂四郎)
 ・・・もうね、これだけで買った甲斐がありましたよ、エエ!
 ゲットしたら、即プレイしまくり、そして、そのネタ性能に、フロムソフトウェアに敬礼したくなりましたよ。
 アーマーパージしたら、RX-78ガンダムVer狂四郎になって、漫画読んだ事のある輩にはゲゲー!! と言いたくなる様なサプライズ性能に燃えましたよ。
 全くもう、フロムソフトウェアは・・・、今回最終作品とか言ってましたが、こんな面白い事をやってくれるなら、次回作品を所望する!

 次回作では、サッキー竹田(パーフェクトジオング)を! 狂四郎には武者シリーズにレッドウォーリアを!!

 ええい、いっそ狂四郎ゲームを作れぃフロムソフトウェアァァァァ!!!!
posted by RYU at 23:34| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。