2006年07月23日

明日への叫び〜サイバー・ハート〜

RYU「不肖RYU、トークライブから!」
KIMI「遅いわァ!! もう半日以上経ってるじゃないかァァァァ!!! もうネットでは、盛り上がり過ぎて消沈してるわッ!!」
RYU「日曜朝のガイキング・リュウケンドー・ボウケンジャーの真ヒーロータイムの為に寝ました。
 で、今ネットで自分の記事の確認した所」
KIMI「ほら、さっさと書く書く。何気に入場カウンター上がってるだから」
 
 スパロボ大戦OGトークライブ〜秘密の宴〜
 新宿区歌舞伎町のとある町ビル地下2階でスパロボ・プロデューサー寺田さん御大自らがスパロボトークをする!
 その寺田さんが語る今回のトークライブのコンセプトはッ!!

                「まったり」

RYU「と、言う我が今日の妄想もマタ〜リと濃く行きますか」
KIMI「・・・なんかヤな表現だな・・・」
RYU「ちなみに、今回お店側のメニューに、特別に『クスハ汁・ライト』なるモノが載っておりました。
 リンゴジュースと≪青汁≫のミックスジュースでな」
KIMI「リンゴと青汁・・・、なんたるライトか! 貧弱というほかはない! ええい! クスハ汁ヘヴィとかクスハ汁マグナとか
 我こそはクスハ汁ザ・グレートとかは無いのかッ!!」
RYU「ねぇぇ!! と言うか、どっかの編集部がマジでゲームで表示された材料でクスハ汁を作って、感想は「本当に倒れます!」だぞ
 そんなモノの後半パワーアップ名前なドリンクは飲みたくない」

 最初のゲストとして、ダンクーガよりドルバック大好きPV(プロモーション・ビデオ)制作者のシマザキ氏推参
 アキバのメッセのスパロボ・オリジナルPVはいい仕事とほめておりました。参考にするぐらいに

RYU「メッセのはね、本編アニメを取り込んで4分割で本編メインシーンを繰り広げるPVで参戦作品を紹介してたから
 ホントにいいよ。だから、映像時間が1時間をゆうに過ぎていたけど」
KIMI「そして、それを2回ぐらいかぶりつくアンタ」

 つぎゲストとしてTBR見参
 TBR:スパロボ公式サイトにあるブログで、寺田さんが余り書けないので
 別ネタとして、新人声優さん「斉藤梨絵さん」「相澤舞」さんの二人をスパロボ好きにする過程を
 それぞれブログにて公表するというネタ
 ちなみに、斉藤さんのスパロボMXプレイで百式の事を【百武】(ももたけ)と素で色々と間違えていた話は余りに有名

RYU「で、こんな感じでプレイしてますよと出された斉藤さんスパロボ・プレイメモなのだが、1Pから【百武】推して参るッ!」
KIMI「お〜生【百武】〜やはり来ましたか〜」
RYU「そして、次めくって2Pめにも【百武】」
KIMI「おおッ!!?」
RYU「無論、3P4Pめくっても【百武】【百武】の名前が・・・」
KIMI「デュミナスばりな過ちな存在になってるーーーー!!」

 そして語られるスパロボ制作秘話の数々
 色々と明かされていくシマザキ氏のPV制作やCM制作の時の話
 数々のロボやOG機体のデザインもやっているカトキハジメ氏との裏話

RYU「SRXの頭部のデザインって会社側の指定じゃなく、カトキ氏が推奨したデザインだったとは
 しかも、本人意気揚々に『このデザインなら10年は持ちます。というかこのデザインでないと生き残れません!』・・・で」
KIMI「10年以上は持ちそうなんだから、天才は凄い・・・」

 更なるゲストにボークスの鷹尾さん、でかい紙袋もって降臨
 もちろん、その紙袋の中はボークス社製アクション・フィギア「SRX」・・と京都土産のおたべ

RYU「電撃スパロボVOL.4で発表されてたテストショット版を持ってきた様で、生でR-1・R-2・R-3が見れました。
 そして鷹尾氏の手によって」
KIMI「ヴァリアブル・フォーメーション! 合体が始まったんだな!」

 カチカチ パチ カキャクリッ カチカチカチカチ グイッ…

RYU「・・・そして、寺田さんのトークが再開されましたー」
KIMI「合体時の強度を保つ為に、変形を簡易にしたのに、やっぱり苦労するのか・・・ボークスさん」

 スパロボのスタッフロールに書かれているじっぱひとからげ氏は寺田さんの師匠で、実在の人間で(サンライズの矢立肇みたいに)
 連名ではないそうだ
 あと、2次アルファ制作から七口噴血な労働で会社に寝泊・・住んでたそうだ。バンプレなのでゲームとおもちゃだらけで
 結構極楽だったそうだ・・・
 ・・・・・・あの事件が起こるまでは・・・・・・

RYU「だが、その事件はネットでは公開しない事にしました」
KIMI「なんでやねんッ!!?」
RYU「いや・・・・さすがに、寺田さんの面目というモノがあるでしょうし・・・2チャ掲示板見ても、ソレは書いてないので
 どうやら、暗黙の了解でみんな書かなかった様だ・・・・」
KIMI「なにあ(や)ったねん寺田さん・・・」

 次に公開するは、寺田さんのマイPC。
 その中には仕事用のフォルダがあり、それを開く寺田さん

 そこにあったのは、ヴァイサーガに設定図。背中からの図やパーツごとのアップ、コクピット周りの設定も見せてくれました。

KIMI「今回って結構設定は作りこんでるんだ」
RYU「うん、ソウルゲインもちゃんとコクピット設定図があったよ。電撃ホビーの連載スパロボ漫画のヴァルシオーネみたいに
 有線型のモビルトレースシステムだった。
 ほかにも、OG1では容量の問題で削ったリオンシリーズの宙間戦闘用のコスモリオンの図も見せてくれました。
 ガーリオンとは別で、リオンよりもさらに飛行機に近い感じになってました」
KIMI「ほーでは、今回のOGSの予約特典のブックレットは厚くて同人作家さんら大助かりになるという訳ですな」
RYU「・・・多分、あれら全て紙面化して手に入るなら、ホントに大助かりなので、バンプレさんお願いします。
 あと、ガーリオンの専用機のパターンを見せてくれました」
KIMI「トロンベさんとかか」
RYU「あと、テンザン専用機カラーのガーリオンとか」
KIMI「テンザンか、いましたねー」
RYU「あと、テンザン専用カラーのパイロットスーツとか」
KIMI「テンザンきすぎーーーー!! 今回パイロットスーツの設定もあるんだ・・・」
RYU「インスペクターのアギーハとウェンドロの全身図もあった。本当に設定をあらわにしてます今回
 そして次に画面に出るは第三次αのバルマー帝国な方々の!」
KIMI「おおぉ!!」
RYU「でも、ゲーム画面のままのバストアップの絵だけで、寺田さんから出た言葉は
 『下半身の設定はありません。あとはラフ画だけですので、PCには入ってません。残ってるのかどうかも』
 ナッナンダッテーーーーorz」
KIMI「あらら、角川からスパロボキャラの設定本出すとか言ってポッシャったけど、それも関係あったりして」
RYU「OGでバルマー帝国出るまで、設定無しか・・ツラッ
 あ、リュウセイの私服姿が出てました」
KIMI「何? インナーのシャツがダイラガーXVプリントの奴? 公式設定になったの?」
RYU「K-X6さんの漫画だけだぁぁぁぁぁーー!!
 ・・・実際はパーカーにGパンという私服」
KIMI「なんだ、普通だね」

RYU「背中にバンプレストマークがプリントされていたがな」

KIMI「ぶっ!? なにそのステキパーカーは?」
RYU「だが残念な事に、ゲーム画面で背中は見せないので、このバックプリントは没にするんだって
 な・の・で、RYUはこのバックプリントされている服着ているリュウセイを推奨しようと思う。イラストの形とかでな」
KIMI「また、いらん労力を」

RYU「では、後半へ続く!」
KIMI「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・えぇッ!!?」
posted by RYU at 17:27| Comment(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。